電話代行サービスを導入するメリット

人件費を削減することができ、電話対応の手間を省くことができ、結果業務効率がアップします。電話が繋がらないということが防げ、質のよい電話対応が可能になるため企業イメージもアップします。

電話代行サービスにおけるよくある質問を解消!Q&A

通話データは残っているのでしょうか?

代行業務サービスのスタッフと電話相手との会話はすべて記録媒体に残されているため安心です。

電話代行サービスとコールセンターの違いはなんですか?

電話代行は電話受付の代行サービス全般のことで、一般的にはコールセンターも電話代行の一部です。

電話代行サービスは複数の企業の対応をしていると聞きましたが、間違いはないでしょうか?

複数の企業の対応を行っていますが、利用者がマニュアルをしっかり作ってさえあれば、スタッフがマニュアル通りに実践してくれます。

専任してもらうスタッフは指名できますか?

多くの電話代行サービスでは専任制はありませんが、利用者の希望に沿うような対応を行います。

保留中に流れるアナウンスを流すことは可能でしょうか?

状況によって、アナウンスを流せる電話代行サービスもあります。利用するサービスへの確認が必要になります。

収益力の強化に繋がります

オペレーター

コロナ禍の今、専ら注目を集めているのが電話代行サービスです。そもそも電話代行サービスとは、スタッフの代わりに電話対応をして貰えるサービスの事に他なりません。スタッフが全て出払い、留守になっている場合は電話に出ること自体が、出来なくなってしまいます。営業時間外に商談の電話がかかってきた場合、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性も否定出来ません。そこでスタッフに代わり、オペレーターが話を聞いてくれるのが電話代行サービスです。電話の内容をいち早く、担当者へSNSや電話等で連絡を入れてくれる為、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまう可能性はありません。ビジネスを取り巻く環境は、厳しいものとなっています。そのような状況下であったとしても、電話代行サービスを活用する事で収益力の強化へ繋げている企業も、決して少なくありません。大抵の電話代行サービスでは経験、実績を積んだオペレーターが対応するような仕組みになっています。まるで長期間在籍している、スタッフが担当しているような安心感が得られるに違いありません。

サービスを利用するメリットとは

オペレーター

電話代行サービスを利用するメリットは、コスト削減に繋がるという点です。スタッフを一人雇う場合、相応の人件費を支払わなければなりません。人材として成長して貰うまで、教育を行う必要があります。電話代行サービスで対応を行っているのは、経験・実績共に豊富な熟練のオペレーターです。安心して電話応対を任せられるのに加え、無駄な人件費は一切掛からない為安心して、本業に専念する事が出来ます。従って中小零細企業にとっては、メリットを実感し易いサービスだと言えるでしょう。電話を転送すると、会社の電話番号をそのまま使用する事ができます。わざわざ電話番号を、変更する必要はありません。顧客からの問い合わせ、契約に関しても電話を逃す事はありませんから、収益力の強化へと繋がるでしょう。

広告募集中