HOME>オススメ情報>旅館にシステムを導入することにって生産性をアップが望める

旅館の生産性を上げるポイント

旅館の生産性を上げるポイントは、休日ではなく平日の客室の稼働率をアップさせて、効率よく利益を生めるかの仕組みを作ることが必要です。

旅館にシステムを導入するメリット

旅館の予約システムで管理業務を効率化をはかれる

紙やパソコンのエクセル機能を使った管理ではミスを完全に防ぐことができません。システムを導入することによって最小限に抑えることが可能です。

客室利用状況を管理することができる

お客様が滞在している部屋なのか、清掃の有無などを簡単に管理をすることができます。

チェックイン・チェックアウトがスムーズになる

顧客情報や予約情報を活用することができ、精算時なども対応がスムーズに行われます。

予約サイトを利用し機会損失を防ぐ

365日24時間予約サイトで受付ができるため、スタッフが対応できない時間であっても予約の取りこぼしを防ぐことができます。

ダブリの予約を防ぐことができる

システム一元化をはかることによって、電話予約・予約サイトからの予約を一元管理することができるため、ダブルブッキングを防ぐことができます。

クラウドサービスの利用が主流

パソコンを操作する人

旅館システム導入により、日々の事務作業を軽減したり、顧客管理を確実に行いマーケティングに生かすなどいくつものメリットが考えられます。最近ではさまざまなシステムがクラウドサービスとして提供されていますが、旅館システムも例外ではなく主流となっています。

クラウドサービスの費用相場

フロント

クラウドサービスの導入費用としては初期費用と月額使用料に大別できます。多くのクラウドサービスは初期費用が無料であることが多いのですが、旅館システムにおいてはそれなりの初期費用がかかることが大半です。5年間利用することを想定した費用相場としては、450万円くらいが目安になります。この金額だけ見ると高く感じる方もいるかもしれませんが、年間にすると90万円程度となり見方も変わるのではないでしょうか。もちろん、旅館の規模や利用人数により費用は大きく異なります。

評判の良さを探る

パソコンを操作する人

旅館システムを導入することにより、スムーズな顧客対応が可能になり、顧客満足度の向上にもつながったという意見が多いです。また、クラウドサービスは自社でサーバーを保有することなく、運用や保守も専門のエンジニアが担当してくれます。万が一のトラブルの際の安心感の高さも好評であると言えます。一方で使用しない機能が多く割高感を感じる意見もあるため、導入前に必要な機能をよく吟味しておく必要があります。また、大規模向けシステムを導入するのではなく、身の丈にあったシステムを導入する方がおすすめです。

広告募集中